にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばーしーお気楽ブログ

33才文系テンション低い系会社員。日々の出来事、考えたことなど書いて行きます。

氏名変更の手続きと選択的夫婦別姓について

結婚のこと

こんにちは

ばーしーです。

 

結婚ブログ移設中です

 

ba-shi.hatenablog.com

 

 

婚姻届を出しました

先日、無事婚姻届を区役所に提出してきました。

 

ba-shi.hatenablog.com

 

これではれて夫婦になりました。

 

日曜日に婚姻届を出したので、婚姻届の受理書がありません。

役所の休みの日に婚姻届を出すことはできますが、

婚姻届が受理されるのは翌営業日。つまり月曜日です。

(結婚した日は婚姻届を出した日になります。)

婚姻届の受理書が無いと役所や会社での手続きができません。

 

奥さんの場合は姓も変わるので、免許証、銀行その他の氏名変更手続きが必要です。

 

という訳で、仕事の午前休をいただいて、

各種手続きにいってきました。

 

氏名変更の手続きへ

f:id:ba-shi:20151203000816j:plain

 

区役所で婚姻届の受理書と、住民票をもらって、

まずは免許証の書き換えに。

奥さんの名前変更と、私の本籍地の変更をします。

二人で行けば、住民票1通で大丈夫みたいです。

 

平日で空いてたこともあり割とあっさり変更完了。

 

ここで、一緒にお昼を食べてばーしー離脱。

 

後で奥さんに聞いたところ、

銀行の氏名変更手続きは、空いてた支店のなのに1時間くらいかかったそうです。

通帳3種類、銀行のカード、クレジットカードの変更。

銀行って不思議なもので、普通のデータベースだと、

会員ID1234「ばーしー」という個人情報に各種情報を紐付けするので、

会員ID1234「ばーしー」・・・普通預金

会員ID1234「ばーしー」・・・定期預金

会員ID1234「ばーしー」・・・外貨預金

と紐づけます。

会員ID1234に紐づいている「ばーしー」という個人情報を

会員ID1234「ばーしー2」に変えれば、紐づいている口座の

個人情報を全てかえられるはず。

でも、銀行の場合は、口座ごとに変えなければいけないようです。

口座1234・・・ 普通預金・・・「ばーしー」

口座2345・・・ 定期預金・・・「ばーしー」

口座3456・・・ 外貨預金・・・「ばーしー」

みたいな管理なんでしょうね。

これだと、

普通預金だけ変えて、定期預金は旧姓のままみたいなことが起きます。

口座を個人に紐づけるんじゃなくて、

個人に口座を紐づければいいのに。

なんともめんどくさい。 

 

その他にもWEBからできるクレジットカードの名義変更、

携帯の名義変更など、手続きがいっぱい。

 

名字が変わるって大変ですね。

 

うちの場合は特にもめることもなく奥さんがばーしーの姓になりましたが、

これは、名字変える方は大変。

 

あっさりばーしー姓になってくれた奥さんに感謝、感謝です。

 

夫婦別姓最高裁判決

結婚前後に夫婦別姓についての最高裁判決が出たというニュースがありました。

www.huffingtonpost.jp

 

以下引用

NHKによると、寺田裁判長は「旧姓の通称使用が緩和されており、憲法に違反しない。夫婦別姓については国会で論じられるべき」と述べたという。”

 

結婚したら夫婦がどちらかの姓にならなければいけないというのは

民法750条に規定されています。

 

民法第750条 - Wikibooks

 

今回の判決は要するに、

 

 夫婦どちらかの姓にしなきゃいけない民法750条の規定は憲法違反ではないよ。

 だから、今は、結婚したら夫婦がどちらかの姓に入らなきゃダメだよ。

 国会で民法を変えることを話し合った方がいいんじゃないかね。

 民法夫婦別姓を認める方に変われば、夫婦別姓もOKだよ。

 

ということ。

 

つまり、「民法を改正して夫婦別姓を取り入れますか?」

ってことをこれから国会で審議することになるんでしょう。

 

今、とりざたされているのは、選択的夫婦別姓について。

これは、夫婦どちらかの姓に統一してもいいし、しなくてもいいことにしよう。

ということ。

 

メリットは、

・夫婦共働きだった場合に、名前を変えなくていいので仕事がしやすい。

 旧姓で名刺配っている人にもう一度名字変わりましたって伝えるのは煩雑。

・私たちが結婚で感じたような各種めんどくさい氏名変更の手続きをしなくていい。

 やっぱり名前変えるのはかなりめんどくさいので。

 

デメリットは

・夫婦であることを認識しづらい。

 今まで、結婚=姓が変わるが常識だっただけに、

 姓の違う二人を夫婦と認識する文化が日本にはない。

・子供どうすんねん

 子供ができたときにどっちの姓にする?

 

まあ、いろいろあるんだろうけど大きいところはこんなところかと。

 

夫婦別姓の国も多いようです。

 

世界の夫婦別姓

 

子供の扱いも各国(国に寄っては州ごとに)違うようですが、

 

①夫婦の姓を並べる

②どちらかの姓を選ぶ

③父の姓になる

 

と様々なようです。

 

選択的夫婦別姓を選んだ場合、

日本でも、佐藤鈴木太郎くんとか生まれるんですかね。

 

夫婦別姓について個人的意見

せっかく結婚を通じて夫婦別姓について考えたので個人的意見を。

 

個人的には、夫婦は同姓であったほうがいいかなと思います。

仕事上だと、私の勤める会社でも社内では旧姓という人もいますし、

各種手続きは面倒ですが、一度やってしまえば終わりです。

 

それよりなにより、奥さんが私の姓になった時に、

「ああ、結婚したんだな」「家族を守っていかなきゃな」

と思えました。

 

また、まだ子供はいませんが、子供のことを考えた時に

両親のどちらかと違う姓というのはイジメの要因になりそう。

かといって、「佐藤鈴木太郎くん」というのも

やはりイジメの要因になりそう。

 

特に、『選択的』夫婦別姓だと、おそらく別姓は少数派になるため、

なかなか社会での理解が得られないのではないかと思います。

『選択的』夫婦別姓が認められたとしても、

私は奥さんか私の姓に統一することを選びます。

 

名字を変えるということで、いろいろと考えてみました。

 

今回、奥さんにも意見を聞いてみました。

 

「好きな人は好きにやればいいんじゃない?」

「わたしは世界平和を願うのみだ!」

 

わりとあっさりと、わけのわからない回答が返ってきました。

 

とりあえず、平和が一番ってことで。

 

では。

広告を非表示にする