にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばーしーお気楽ブログ

33才文系テンション低い系会社員。日々の出来事、考えたことなど書いて行きます。

KindleFireHD6を選んだポイント

本のこと

こんにちはばーしーです。

 

最近Amazon Primeが、

動画見放題とか音楽聞き放題とか、一時間で配達するサービスとか

やたら攻めてますね。

prime会員なのですが、全然恩恵に授かってません。

なんかめんどくさくて。

 

私は普段kindleを愛用しています。

出張になっても充実の読書ライフがおくれます。

 

 

kindle持ってます

kindleを買った経緯

iPhonekindleアプリと、kindleのFireHD6(6インチ)を使ってます。

 同じアカウントで管理できるので便利。

Fire HD 6タブレット 8GB、ブラック

Fire HD 6タブレット 8GB、ブラック

 

元々Androidスマホkindleアプリを使ってましたが、

本(主にマンガ)をダウンロードしておくと結構容量食います。

(通信じゃなくてストレージ。新しいアプリとか入れられなくなる)

スマホの容量ヤバいよって警告が頻繁に出るようになったので、

kindleを買いました。

 

paprewhiteかFireHDか

仕様用途としては主にマンガです。

paper whiteにするか Fire HDにするかで迷いました。

 

実機を触ってみないと判断できないと思ったので、

ビッグカメラに実機を触りにいきました。

(ヨドバシカメラにはなかったけど、ビッグカメラでは扱ってた)

触ってみた結果

 

paper whiteのポイント

・目に優しい感じ。

・白黒。

・ページをめくる時に画面がちらつく

・安い

 

Fire HDのポイント

・カラーが綺麗。

・目に優しくない

・ページめくりがスムーズ

・高い

・機能が多い

(いい点は赤、悪い点は青)

 

目的がマンガを読むことなので、ページめくり大事。

ページめくるたびにちらつくのは鬱陶しい。

フルカラーのマンガもあるらしいのでカラーがいい。

ただ、FireHDはカメラとかブラウザとかいらない機能が多くて高い。

 

検討の結果FireHDに決定。

 

小説とか文章もの読むなら、papre whiteを選んだけど、

私の用途にはFireHDの方がいい。

 

6インチにした理由 

サイズを6インチにした理由は、

  • 片手で持てる
  • スーツの胸ポケットに入る(内側)
  • 軽い

です。

 

電車で読みたいので、片手つり革、片手Kidle。

片手で持てること大事。

結局手でもって読むものなので軽さ大事。

スーツの内ポケットにはたまに入れます。

新幹線の中だといちいちカバンに入れなくていいから便利。

 

動画とか見るんだったら大きい方がいいんですかね。

 

Kidleのメリット・デメリット

メリット

メリットはやはり、本が増えなくなったことです。

最近のマンガは果てしなく続くので、

買うのはいいんですが置き場がありません。

マンガに場所をとられなくなったってのが一番のメリットです。

 

デメリット

本をダウンロードして1回読んで、

時間が経ってから同じ本をもう一回読もうとした時に、

再度ダウンロードが必要になります。

wifi専用端末にしたので、再ダウンロードが必要になってしまうと

出先ではちょっと困ります。

(iPhoneテザリングしてダウンロードするか、iPhonekindleアプリ使うか)

3G付きにすれば解消するのかな。

マンガはwifi環境推奨だからダメか。

 

裏技

私はスマホAndroid使っていて、iPhoneに切り替えました。

Androidの時にストレージの容量制限に引っかかってkindle買ったのですが、

iPhoneに乗り換えた今、今まで使っていたAndroid端末が空いてます。

 

そこではたと思いました。

5インチのAndroid端末があれば、電子書籍端末として十分なのでは。

 

iPhoneに乗り換えているのでLTEは使えませんが、wifiに繋げば普通に使えます。

 

これって一回り小さい電子書籍端末として使える?

 

今のkindleが壊れたら、Androidスマホを使ってみようかな。

 

(ちなみにAndroidkindleアプリは普通にアプリから本買えます。

iPhoneアプリは本変えないから、この使い方はできないですね)

 

では。

広告を非表示にする