にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばーしーお気楽ブログ

33才文系テンション低い系会社員。日々の出来事、考えたことなど書いて行きます。

デジタルネイティブ世代についての苦悩

働くこと

こんにちはばーしーです。

 
おっさんって何歳からを言うんですかね。
30も越えたので自分の中ではおっさんになったつもり。世間一般ではどれくらいからおっさんと認定されるのでしょうね。
 

若者との世代間格差に震える

会社には毎年新入社員が入ってきます。
いままであまり後輩がいなかったので意識しなかったのですが、今の部署にはわたしの10個下がいます。
 
もうね。人種が違う。
 
10年前、わたしが新入社員だった時の10年先輩ってやはり10年分先をいってる感じがしたし、仕事でもかなうとかかなわないとかのレベルじゃなかった。
 
圧倒的力の差
 
圧倒的経験の差
 
10年後にあの先輩のようになれるだろうかと思ってた。
 
でも、新入社員からの10年間で世の中のルールが変わった。
 
今の自分と10歳下の新入社員との間に、あの時感じた圧倒的力の差はない。
 

パラダイムシフトが起きている

10年前に先輩に感じた力の差は、あくまで同じルールで仕事をする上での力の差。当時は仕事の仕方の細い違いはあっても、大筋では同じだった。
そのルールの中で、先輩の持つ経験と力量は圧倒的なものだった。
 
でも、今はほとんどの業界で昔の手法は通用しなくなった。
書店で本をいかに売るかという手法はamazonの登場、kindleなど電子書籍の登場で一気に陳腐化した。
ヨドバシカメラビッグカメラも、価格.comの普及で、通販サイトとの戦いに変わった。
宣伝手法にしても、テレビ、雑誌、新聞、ラジオの広告から、インターネット広告に市場が移っている。それらの媒体に触れる人が減っているから当然か。
 
それでも、過去の経験がすべて無駄とは思わない。世の中そこまで完全にシフトしたわけではないから、一定程度過去の経験は通じる。
ただ、新しいことを始めるときに過去の経験則が逆に障害になる。過去の経験が目を曇らせる。視界を歪ませる。
 
書店も家電量販店も最近では塾やTV、新聞と行ったマスコミも今までの同じ業界のライバルと競争していれば良かった時代は終わり、全然違う業界と競っていかなければならなくなった。
 
今の競争環境では、同じ業界内で通用していた慣習、経験はむしろ障害になっていると感じる。
ボクシングをやっていたはずなのにいつの間にかルールがバーリトゥードになってるような感じ。蹴りも投げもありなのに、伝統の左ジャブにこだわってるみたいな。

f:id:ba-shi:20160318004842j:plain

デジタルネイティブ世代

今の新入社員の年代はネオ・デジタルネイティブ世代のちょっと前。

デジタルネイティブ - Wikipedia

引用

1976年前後生まれのIT起業家たちの世代(76世代)、1986年前後生まれの世代(86世代)、1996年前後生まれの世代(96世代)に区分し、各世代は大きく異なる特徴を持っていると主張する[6]。76世代はパソコンによるインターネット利用が中心で、携帯電話を補完的に利用している世代であり、インターネット黎明期に積極的に関わった。86世代は携帯電話によるインターネット利用が中心の世代である。96世代は、日本の先進的なモバイルブロードバンド環境を背景に、様々な携帯通信機器を利用して動画コンテンツを視聴するとともに、クラウド環境での集合知(衆合知)を活用する世代であり、「ネオ・デジタルネイティブ」とも呼ばれる。

引用終わり

わたしは82年生まれなので、86世代のちょっと前。

高校生くらいからインターネットはあったけど、有線LANだったし、携帯もガラケー

スマホを持ったのは社会人になってかなりたってから。

学生時代には今の、スタバでmac bookもってドヤ顔もなかったし、

就職活動もPCでのエントリーが始まってちょっとたったくらいの時代。

今の学生さんは、就職活動の説明会のエントリーも全部スマホからやるらしい。というか、やらないと席が埋まって入れなかったりするらしい。

 

もう、言葉遣いがとか礼儀作法がどうのこうのというレベルじゃない。

思考回路が違う。

かろうじて、経験の差で今はアドバンテージを保っているけど、多分3年もあれば今のわたしは追いつかれる。5年もあれば追い抜かれる。ガラケースマホに取って代わられたように、すごいスピードで、今まで考えもしなかった形で抜かれて行くだろう。

 

さらに10年上の先輩たちは、自分たちのやり方を彼らに教え込もうとする。当たり前だ。わたしもそうやって教育された。わたしがその教育を受けた時は、先輩のやり方は絶対的に正しかった。結果が出ていた。

でも、今はそのやり方では結果が出ない。結果が出ないやり方を教え込むことに意味があるのか。先入観を与えずに考えさせた方がいいんじゃないか。むしろ自分たちが彼らから学ばなければいけないことが多いんじゃないか。

 

10年単位で見て今真ん中にいる世代として、両方の世代がよく見える。

先輩の言うこともわかる。後輩がそれに興味を持てないのもわかる。会社の行く末として、秩序を守るべきか、ひたすら結果を追うべきかうちの会社も、どの会社も悩んでいる。

 

とりあえず、わたしは少ないプライドも捨てて後輩に学ぶべきところは学んで行こうと思う。その代わり、後輩の経験で足りないところはフォローしていこう。

今、後輩に対して先輩風吹かせて押さえつけることでは誰も得しない。

 

よく話を聞いて、学ばせてもらおう。

 

おっさんはそう思うのでした。

 

では。

広告を非表示にする